介護が必要になったとき|パッケージ型とクラウド型の違い|介護請求ソフトの選び方
2人の女性

パッケージ型とクラウド型の違い|介護請求ソフトの選び方

介護が必要になったとき

女性たち

まずは入所の申し込みを

家族に介護が必要になったとき、まずは老人ホームに入所の申し込みをすることが先決です。介護が必要な状態の程度によって違いますが、介護が必要な度合いの軽い最初は、介護サービスを使いながら在宅生活を継続していき、状態が悪くなったら老人ホームに入所という流れが大抵です。しかし、最近の老人ホームでは入所申し込み者が非常に多く、実際に入所が必要になった時に入所できないことが多いのが現状です。ですから、現在の状況を考慮すると、入所の申し込みができる状況になったら、たとえ在宅サービスが継続できていてまだ頑張れそうだと思ったとしても、念には念を入れて先に申し込みを済ませてしまうことをお勧めします。ギリギリになって申し込みするよりも可能性が高いと思われるからです。

インターネットの活用

最近の老人ホームは昔と違って、地域への広報紙やインターネッとの活用などで、自分の施設をしっかりと紹介しているところが多くなっています。特に、インターネットでは、ホームページを独自に、または、業者に頼んで作成しているところが多く、検索すればすぐにでてくることが多いです。そこを見れば、施設内の様子や、催し物の開催案内、スタッフの紹介等、様々な情報を把握することができます。また、情報の公表制度ができてからは、施設の細かい概要や、どういったサービスをおこなっているか、規模等をしっかり掲載しています。本人や家族それぞれにあった施設をインターネットから探して、理想の形で入所ができる可能性を高めることを目的としています。